適性検査を受けてからレーシック

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。



適性検査を受けてからレーシックブログ:02月18日

ぼくたち人間の視力というのは、
常に一定にあるのではない。

赤ちゃんの時はぼんやりとしか見えず、
徐々に視力を上げていって、
5歳でお子さんの視力は出来上がり、
12歳までは絶対に落ちないものである。

5歳までは視力が向上して行くので、
この期間中に過度の勉強などさせない方がいい。

お子さんを外で遊ばせておけば、
自然と視力は
「2.0」以上になるものなのである。

ところが、
ほとんどの母たちは
お子さんの視力に関しては全くの無知であるために、
お子さんの視力が悪いとスグに眼科医に行ってしまい、
お子さんに眼鏡をかけてさせてしまう…

お子さんが眼鏡をかけると
体操量が激減して更に視力を落としてしまうし、
視力が悪いと頭も悪くなるものなのである。

加えて、
眼鏡のために頭蓋骨がいびつになり、
今度は歯に影響が出始め、
虫歯にもなりやすくなる。

一方、
日本には眼科医はいても、
視力を向上させる医者がいない。

日本の眼科は国民健康保険があるために、
先進国の中でも非常に遅れていて、
お子さんの視力が落ちたら
「はい眼鏡!」ということになっている。

しかも、
お子さんの目を取り巻く環境は年々悪化していて、
テレビの見過ぎ、パソコンの普及、体操不足、
ファストフードの常食化…など、
お子さんの目が確実に悪くなる一方にある。

それゆえ小学生なのに
眼鏡をかけているお子さんが多いし、
幼稚園児でも眼鏡をかけているお子さんがいるのだ。

でも
お子さんの近視は大人の近視とは違い、
少し改善措置を施せば簡単に視力回復できてしまう。

お子さんは視力が落ちるのが早いが、
回復するのも早い。

お子さんの近視は
「小児性仮性近視」と呼ぶべきであって、
その近視はあくまでも仮性であって、
特別な治療を施せば簡単に治るものなのである。