適性検査を受けてからレーシック

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。

 

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。



適性検査を受けてからレーシックブログ:11月02日

みなさまは、
24時間のカロリー摂取量って知ってますか?

わたしは以前、24時間1,700キロカロリー以下に抑えて、
ダイエットを頑張ったことがあります…

ちなみに
国の定める食事摂取量は、24時間1,750キロカロリーだそうです。

もし、カロリー制限でダイエットが成功できるということであれば、
すでにダイエットできているはずですよね。
少なくても、国が定める平均よりも下回る体型にはなっているはず…

でも、ダイエットは成功できませんでした。
どちらかというと、逆に太ってしまったような…

たぶん、みなさまも心当たりあるんじゃないですか?
わたしだけじゃないですよね?

24時間のカロリー摂取量を決めて、
日々の食事のカロリーをチェックして、
なるべくカロリーの少ない食事をする…

でも、現実には、
ダイエットが成功しなかったのではないでしょうか?

どうやら、
カロリーを気にしても
ダイエットは成功しないみたいなんですよね!

健康的で美しく、
しかもリバウンドしないダイエットを成功させるなら、
カロリーを減らして、一時的に体重を落としても意味がないんですって!

逆に必要な栄養素をプラスして、
代謝の良いからだをつくることが、
ダイエットの成功につながるんだとか…

現在の自分のからだというのは、
自分が摂った食事でつくられています。
今のそのからだがダイエット効果の出ない体なら、
食事を変えれば良いんですね!

カロリーなんかにとらわれずに、
「今の自分に足りない栄養素が入っている料理は何か?」
「普段の食事で摂っていないもの何か?」
を基準に考えた方が、ダイエットは成功するそうですよ!