レーシック後の視力維持は本人次第

思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。



- お勧めの情報 -

LED電光看板の優良サイト
LED電光看板クリック
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html


レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:01月13日

シェイプアップしているにもかかわらず、
食後のデザートがやめられなかったり、
19時になったら、
ついついおやつに手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

僕自身、
19時、テレビを見ながら、
おやつをつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかくトレーニングを頑張ったり、食事制限に苦労していても、
連日のようにおやつを食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
シェイプアップなんて成功しませんよね?

そこで、僕は、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

体質は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のおやつ」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

昼食の後のデザートも、
ケーキやアイスキャンディーなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
みなさま、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、チョコが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
体質に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。