老眼治療もレーシックにお任せください

もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。

 

老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。



老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:12月14日

去年の3月にお母さんと電話で話していて、
ちょっとしたことで久しぶりに衝突しました。

やっちゃった感はありましたが、
そのおかげで学んだこともいろいろあったので、
まぁいいかと思っていました。

あたくしはそのケンカを引きずる気分はなかったし、
お母さんもしばらくしたら忘れるだろう…ぐらいの感覚だったのです。

だって、かつてお母さんは何度となくヒステリーを起こし、
お子さんのあたくしはけっこうつらかったのです。

今回はあたくしが言い過ぎたところはあったけど、
今までのことと合わせて考えれば、「チャラよ、チャラ」
お母さんだってそう考えてくれるだろう…と思っていました。

そして5月の連休に帰省して
お母さんと会ったのですが…

あたくしの予想に反して、
お母さんが3月の言い合いのことを
かなり根に持っていることがわかりました。

「もう電話であんたとは話したくない、用がある時はファックスを送れ」
と言われてしまったのです。

でも、そういうことを言いながらも、
一緒に過ごした三日間、
お母さんの態度はいつもどおりだったので、
あたくしは楽観的でした。

気にせず電話すればお母さんが出るだろうし、
何度か話しているうちにお母さんのわだかまりも消えていくだろう…と。

ところが、その後、
たまに電話をかけても、お母さんは一切出ないのです。
電話口に出るのは父です。
今まではいつもお母さんが出ていたのに…

えー、そんなに怒らなくてもいいじゃない、
はっきり言ってお互い様じゃないの…と思いながらも、
段々と、そっちがそうならこっちだって…の気分になってくるのが人間です。

だって、もとはと言えばお母さんが、
何かというと姉貴を優先するから腹が立つんじゃない、
3月のケンカだって、それが元になってるんじゃない、
お母さんのバカ!