レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第



レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:03月18日


減量に励んでいて、
今まで順調に体重が落ちていたのに、
急に変化がなくなると焦りますよね。

でも心配はいりません!
減量中には、
体重が落ちなくなる「停滞期」って、
誰にでもあることなんですよね。

停滞期が訪れる時期は人それぞれですが、
一般的には減量開始から、
ふた月~ふた月経過したくらいにみられるようです。

この原因は、
主にからだの防衛反応によるものです。

減量中は摂取カロリーを制限しますよね。
からだにしてみれば、今まで入ってきた
エネルギーや栄養素が入ってこないことになります。

エネルギー不足になったからだは一時的に飢餓状態になり、
次に食べ物がからだに入ったときに
余分に栄養をため込もうとするのです。

ですから、停滞期に入ったら
からだがいまの状態に慣れる過程だと考えて、
それまでどおりの食生活を続けましょう。

体重が落ちないからといって、
食べる事量をさらに制限するのはおすすめできません。
摂取カロリーが基礎代謝を下回ってしまうと、
逆に痩せにくいからだになってしまう恐れがあるので、
注意が必要です。

また体操の効果は、日々継続していくことにより
数ヵ月後から徐々に効果があらわれていくものです。

特に普段から体操をしていない人は、
代謝機能が衰えているので、
体操をしても減量効果を実感できるまでには
多少時間がかかるかもしれません。

焦らずに、
自分のペースにあった体操を楽しみながら
実践してみましょう。

停滞期に惑わされることなく、
食生活のバランス、体操をチェックして、
無理のない減量を続けましょう!
レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

老眼治療もレーシックにお任せください
乱視の悩みはレーシックで解決
レーシック選びに口コミサイトを活用
レーシックには保証制度もある
なんと交通費を貰えるクリニックもある
レーシックの紹介制度を有効活用
適性検査を受けてからレーシック
レーシックにおけるリスクを理解しよう
レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力が回復するレーシックガイド