なんと交通費を貰えるクリニックもある

「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。

 

全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

 

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。



なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:10月24日

最近よくパトカーの音を聞くと、物騒だなーって
思う時がある。

今日はなんとなく思った事を書きますね

なんか寝ていても、夜中にパトカーのサイレンで起きる
ことがあって。

救急車とかでも続くことあるよね。

一週間ほど前も休みで、11時くらいに、すること
ないからウォークフリーでもやってみよーとか
思ってたら、近くでサイレンが止まって。

ダイエットシェイク コーヒー味飲んで、燃焼!って思ってたから、
そのままウォーキングして見に行ったら、事故ってて。

よく通る道だから、怖いなーとか思ってたんだけど、
11時とかは時間的に通ることはなくても、
ママさんが良く事故のある場所って言ってた。


そーいえば4日甥っ子が来るんだけど、
新宿に連れてってーって言ってたの忘れてた!

好きな物でも食べさせてあげようとは思ってるんだけど、
牛丼(つゆだく)が好きっていってたよなー。

前に来た時にヨガを付き合ったんだけど、
翌日首痛くて・・・爆笑されたからね。

今回は、ちょっとは汚名挽回できるかな。

密かにおやつをやめて寒天ラーメンとか
食べてたし。

ちなみに甥っ子・・・

若いのにゼニカルとか飲んだり、意外に
気にしてるらしいよ。

今の若い子は凄いよね!

卒業旅行にタジキスタンへ・・・とかさ。

うらやましい話だよ。

でも、車やブランドには、あまり興味がないっていってたけどね。

だからこそ、お金がたまるのかも。


なーんて言いながら、全然貯金のできないおれですが
なにか???(笑)

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。